img { max-width: 100%; height: auto; } ジャイプールの観光地★ 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャイプールの観光地★


こんにちは!
前回はインドのジャイプールの町並みについてご紹介したので、今回はジャイプールの観光地についてです^^

★ジャンタル・マンタル
ここは1728年~1734年に建てられた、天体観測のための施設です。
屋外に設置された観測機が大規模でユニークで、
・太陽の角度で時間がわかる計測器
・12星座それぞれの観測機
・子午線や天頂距離も測れる観測機
などなど、、、色々あります。

ですが、ここは行くなら絶対ガイドさんをつけてください!
僕はつけないで行ったのですが、一つ一つの意味がわからず全然おもんなかったので。。。w

ほんまにこれが世界遺産?と思いましたが、本当にそうらしいですw
インド ジャイプール14
写真の後ろに見える階段のようなものの延長線上には、北極星があるらしいです。

「なんかすげー」で終わらせないためにも、「これでこんなことが分かるんや!」という感動をその場で味わうためにも、ぜひガイドさんを雇ってください^^:w


★風の宮殿(ハワー・マハル)
ここは女性は好きそうな、外観がめちゃ可愛い宮殿です◎
大通りに面したところに普通に建ってますが、入口は裏にあって少しわかりにくいです。
インド ジャイプール11
1799年、当時イスラムの影響で出歩けなかった宮廷の貴婦人たちが、小窓から外の様子を眺めていたらしいです。
そんな小窓があるため風通しがいいことから、この名前がついたそうです。

とは言えここも、1番いいのは外観。
中は思った以上に奥行きが狭く、広場から各部屋に入れるくらいです。
インド ジャイプール12
ステンドグラスから射し込む日光は綺麗でした◎
インド ジャイプール13

★アンベール城
ここはジャイプールに行ったら絶対行って欲しいところです!
なんで最初のジャンタル・マンタルが世界遺産で、こっちが違うねん!!!って本当に思うくらいよかったです。

ジャイプール中心地から車で2~30分離れたところの、丘の上にある城塞です。
インド ジャイプール15
めっちゃカッコイイですよね\^0^/

16世紀まではここがアンベール王国の首都でしたが、人口増加や水不足の理由で1727年にジャイプールへ遷都しました。
もともと砦のあったところに1592年から建て始め、約150年間も遷都する直前まで増改築を繰り返し、ようやく現状の建物になったそうです。

けっこう急な坂道ですが、綺麗な景色で癒されます★
インド ジャイプール16

そんな坂道も、しんどければ像に乗って上ることもできます!
彼らの歩く道は、立派なう○ちだらけでニオイは相当きついですw
運がよければ、落しながら歩く像も見れますw
インド ジャイプール24

上まで行くと、広場に出ます。
城塞とは思えないくらいの開放感♪
インド ジャイプール18
回廊の天井や壁に施された幾何学模様のタイルは、きめ細かくて必見です!
インド ジャイプール20
小さな鏡が散りばめられた「鏡の間」も、写真では伝わりにくいですが綺麗でした。
この鏡は、電気が無かった時代に部屋を明るくさせるための工夫だったとされています。
インド ジャイプール25
内部にある庭園も綺麗でした。
インド ジャイプール19

そしてふと外を見ると、先ほどよりももっと高いところに来てるんやなと実感★
インド ジャイプール21
インド ジャイプール22

ここは迷路みたいに入り組んでいるので、色々歩き回って撮影スポットを探すのも楽しみの一つかもしれません^^
インド ジャイプール17
インド ジャイプール23


ジャイプールで訪れた観光地は3つだけでした。
あとはシティ・パレスという、現在もマハラジャの子孫が住んでいて一部を公開している宮殿がありますが、ここは時間の都合でカット。

ジャイプールは観光地よりも、町並みを楽しめる場所かなと思います。
デリーと比べてバクシーシもいませんし、ジャイプールの喧々とした雰囲気は独特でした^^

インド旅行でジャイプールに行こうか迷われている方がいましたら、ぜひ行ってみてください★

ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

| 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。