img { max-width: 100%; height: auto; } ピンク色の神秘的な街 ジャイプール 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンク色の神秘的な街 ジャイプール


こんにちは!

今回は、前回ご紹介した電車で行き来したジャイプールについてご紹介していきます。
ここは個人的にはデリーよりも好きでした!

まずピンク・シティーと呼ばれる旧市街へは、車で15分くらい。
ピンク色の城壁で囲まれ、中へは7ヶ所にある門から入っていきます。
インド ジャイプール1
中の町並みはこんな感じで、ほんとに町中がピンク色でした!
インド ジャイプール2
インド ジャイプール3
なんとも言えない雰囲気ですよね^^

このピンク色の町並みは、1876年にヴィクトリア女王の息子であるアルバートが訪問した際に、歓迎の意を込めて市街の建物をピンク色にしたのがきっかけだそうです。
それからもピンク色の塗装が施されるようになり、今に至ります。

適当に建物へ入り、屋上からも撮ってみました◎
インド ジャイプール6
インド ジャイプール7
人、人、バイク、牛、ゴミ…
ほんと混沌としてますよねww

露店もたくさんあり、埃っぽいからかホウキもたくさん売っていました。
インド ジャイプール4
使い捨てくらいの感じで、服やサンダルなども気軽に買えます^^
夜は思った以上に冷えるので、僕はストールを購入★
質は悪そうで「綿100%とか絶対ウソやろ!」とは思いますが、種類が豊富で安いです!

夜はこんな感じで、飲食店の前は人で賑わいます!
もちろん、カレーの匂い意外しませんw
インド ジャイプール8

城壁の外は、見違えるほど汚いです。。。
下町なんですかね…一気に治安が悪くなったような印象でした。
インド ジャイプール9

そんなジャイプール内の移動は、旧市街の中を歩くだけでも思った以上に広く、また坂道も多くてけっこう疲れるので、サイクルシクシャーを活用した方がいいです!
こんなやつですw
インド ジャイプール10
バイクと違ってどこかに連れて行かれる心配も無いですし、安くてそこら中にいます◎
交渉すれば高くないですし、喫煙者の方は日本の煙草を一本でもあげてみてください。
かなり喜んでくれます^^

あとは、坂道を上る必要のあるところへ連れて行ってくれた時は、気持ち多めに払ってあげてください^^;
距離をベースに言い値で決めるので、坂道とかは関係無いんです。
上り坂を必死に漕いでいる彼らは、後ろから見ていて本当に必死なので。。。w


それと、やはりトイレはここでも苦労します。
スーパーやデパートみたいなところが無く、清潔感ゼロの公衆トイレがたまにあるくらいです。
本当にやばいときは、そのへんのお店や家に言って借りてください^^;


観光地もご紹介したかったのですが、長くなったので分けます!
引き続き、またそちらもお読みください^^

ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

| 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。