img { max-width: 100%; height: auto; } 世界遺産タージ・マハール観光★ 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産タージ・マハール観光★


こんにちは!

今回からは、インドの首都デリーを出て、周辺都市についてご紹介していきます★

今回は、タージ・マハールのあるアグラについてです。

とはいえ、ここで訪れた場所はタージ・マハールだけでした^^;
あとはアグラ城もありますが、僕らは時間が無かったのでカット。

★タージ・マハール
デリーからは電車で2時間、バスで4時間のところにあります。

入口には観光客を乗せるラクダがたくさん歩いています^^
インド アグラ1
この小さいタージ・マハールみたいなところが、チケット売場です。
インド アグラ2
ここから進んで中に入ると、メインゲートが見えてきます★
インド アグラ3
そのメインゲートの中から、タージ・マハールが見えてきます!!
インド アグラ5
やっぱり、教科書やテレビで見るのと変わらない、スケールが大きくて綺麗な建物でした★
インド アグラ6
ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが、亡くなった王妃ムムターズ・マハルのために建てた、大理石で造られた建造物です。
これも実は霊廟で、中にはムムターズ・マハルとシャー・ジャハーンのお墓があります。
もちろん二人ともイスラム教です。

このシャー・ジャハーンの遺体は息子のアウラングゼーブによってムムターズ・マハルの横に運ばれたのですが、左右非対称に並べられています。これは対称性を重視するイスラム建築に反していて、いかに父を嫌っていたかが読み取れます。

シャー・ジャハーンは晩年までアウラングゼーブによってアグラ城に幽閉されていたのですが、それが家族内の権力争いが原因だから、シャー・ジャハーンの浪費ぶりに見兼ねたから、などの説があります。

お墓の撮影は気が引けるので撮りませんでしたが、ぜひ現地で確認してみてください。
撮影禁止となっていますが、無法地帯で周りはばんばん撮ってましたw


霊廟まではずっと歩いて行けますが、それまでも色んな角度から写真を楽しめました^^
インド アグラ8
インドへは友人と行っていたので、一人旅ではなかなかしないような写真も撮りますw
インド アグラ7
こちらは、その霊廟から見た眺めです^^
広大ですよね~
ここに入るときは、靴を脱いで上がります。
インド アグラ9
そして反対側には、ヤムナー川が流れています。
この対岸に黒大理石で自分の霊廟を造って橋で結ぶつもりだったようですが、息子に幽閉されたために構想だけで終わってしまいました。
インド アグラ10
そして、霊廟の横にはモスクもあります。
インド アグラ11

正直に申しまして、このタージ・マハールは出オチ感が凄かったです!w
この外観こそすべてで、中はぽつんとお墓があるだけだったので。。。
メインゲートを通ったあたりがピークで、そこからは緩やかに落ち着いていきますw

でもすべて大理石を削ってつくられた彫刻など、そういった細かい部分に興味のある方は、楽しんでいただけると思います◎


それと今回の写真、全体的に暗く見づらくてすみません!><
カメラの光の絞りを勝手にタッチパネルで操作してしまい、元に戻せなかったので、しゃーなしでこんな写真たちになってしまいました。。。

皆さんもこういう時に備えて、写真を撮るだけじゃなくてある程度の機能は使えるようにしておいた方がいいですよーw

次回はインドの中でも印象的だった電車移動でのお話です★
ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

| 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。