img { max-width: 100%; height: auto; } ピラミッド・ヒストリー 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピラミッド・ヒストリー


こんにちは!

今回はカイロにあるピラミッドについてです。
一番有名なピラミッドはギザにある3大ピラミッドですが、それ以外にもピラミッドはいくつか存在します。
昔のものから順にご紹介していきます★

★階段ピラミッド
一番最初にできたピラミッドで、2代目ファラオのジェゼル王が建てました。見た目のまま「階段ピラミッド」とも呼ばれています。
エジプト ピラミッド1
この後にできたピラミッドは底面が正方形ですが、これは設計変更を繰り返して長方形になっています。

★屈折ピラミッド
これも名前のとおりで、途中で角度が変わっているために名付けられました。
クフ王の父でもある4代目ファラオのスネフェル王のピラミッドです。
エジプト ピラミッド2
これが屈折している理由は、勾配が急すぎて建設途中でひび割れができて、緩めたらしいです。

★赤のピラミッド
屈折ピラミッドから約1キロ北に建てられ、最初の壁面が二等辺三角形、方錐形のピラミッドです。
これも屈折ピラミッドと同じくスネフェル王により建てられました。
エジプト ピラミッド3
傾斜角度は屈折ピラミッドの上部と同じ43.22°です。
名前の由来はこちらもシンプルで、表面の花崗岩が赤く見えるから名づけられました。
でも最初から赤かったわけではなく、当初は白い石灰石に覆われていたものの、そのほとんどが持ち去られてしまったようです。
あんまり色の違いは判らなかったですが、赤らしいです。w

★3大ピラミッド
上の3つのピラミッドを経て、やっと有名なところに辿り着きます★
エジプト ピラミッド8
左のちょっと隠れているピラミッドがクフ王のピラミッドで最大、そこから右にカフラー王、メンカウラー王のピラミッドと続きます。それぞれ高さは146.6m、136m、65mです。
真ん中のカフラー王のピラミッドが一番大きく見えますが、それはピラミッドの立ってる位置がクフ王のよりも高い位置にあるためです。

角度によっては、下の写真みたいに重なり合ったピラミッドも撮影できます★
エジプト ピラミッド6
手前の小さな3つのピラミッドは、王妃たちのピラミッドです。

ナイル川を天の川に見立てると、この3大ピラミッドがオリオン座の三ッ星の位置とほぼ重なるらしいです!!
これに対しては否定的な意見も強いようですが、見つけた人はほんとに凄い。夢がありますよねー^^

そして、ピラミッドと奥の市街とのミスマッチも不思議な景色。
エジプト ピラミッド5
この反対側は砂漠が広がっています。

途中ではピラミッドの近くをラクダに乗れるところもあります◎
そこで撮ったのが下の写真★
エジプト ピラミッド7
「チップ払え!!」としつこく言ってきますが、ボッて来るので無視していいと思いますw

そして、一番大きなクフ王のピラミッド。
エジプト ピラミッド4
近くからは大きすぎて写真に入りませんでした。
この中に入るにはチケットが必要で、入場数が限られている上にチケット売場はかなり混んでいるので、ここは中に入れるツアーに参加した方が効率的で安心できます。
ここも中は撮影禁止でした。。。

どうなっているかは、ぜひ行って確かめてみてください★


ざっくりピラミッドについてご紹介させていただきましたが、改めてエジプトの世界遺産は日本とはスケールが全然違って迫力あります!

3大ピラミッドだけでなく、他のピラミッドも一緒に見ると過程も垣間見えて楽しくなると思うので、ぜひ行ってみてください★

ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

| 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。