img { max-width: 100%; height: auto; } ユネスコが、世界が助けた世界遺産★ 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユネスコが、世界が助けた世界遺産★


こんにちは!

今回は、ルクソールから南に下って、アスワンからスーダン国境近くにあるアブ・シンベルまでのヌビア遺跡群についてご紹介していきます!
100キロ以上も離れているのに、これでひとつの世界遺産です^^;

アスワンで1960年代に、ナイル川の氾濫防止と灌漑用水の確保のためにダムの建設することが決まりました。
エジプト アスワン1
ところがこれをするとヌビア遺跡群が水没してしまうということで、ユネスコの援助で10ヶ所ほどの遺跡が水面上へと移設したんだそうです。
遺跡を移設させるって、凄い規模ですよね。。。


★コム・オンボ神殿
アスワン中心地からは少し離れていますが、ナイル川沿いにあります。
エジプト アスワン2

ここは2神を祭っているので二重構造になっていて、正面から見ると左右対称の2つの入口や、奥には2つの至聖所がある珍しい神殿でした。
エジプト アスワン3

この神殿で特に感心したのは、ナイル川の氾濫を少しでも早く察知できるようにと設けられた井戸。
ナイル川と神殿の間にあります。
エジプト アスワン4

中を見てみると…
エジプト アスワン5
段がありますよね。
この井戸がナイル川と繋がっていて、何段目まで来ているかと水位を確認し、氾濫しそうかどうかを確かめていたそうです。

現状あるものから何かを捻り出す力は、やはり昔の人は凄かったんでしょうね。。。


★切りかけのオベリスク
名前の通りです。
途中でヒビが入ってしまったから放棄されたのでは、と言われています。
エジプト アスワン7
わかりにくい撮り方ですみません。。。
オベリスクの先端側から撮ってます。
エジプト アスワン8
上の写真の、真ん中から左上に斜めに伸びているのがオベリスクです。

ちなみにこのオベリスクは何ヶ所かにもありますが、これをどうやって建てたのかはまだ解明されていないそうです。


★アブシンベル
行くのがまず大変なのですが、ここはエジプトに来たら絶対行ってほしいところです!
アスワンから車で3時間ほど砂漠の中を走ります。
エジプト アスワン9
めっちゃ判りにくいですが、蜃気楼も見えました★
エジプト アスワン10

やっと到着し、湖のほとりを歩きます。
エジプト アスワン11

そして見えてきたのがこちら!
エジプト アスワン12
建築王ともいわれた、ラムセス2世が建てたのだそうです。

これが、先ほどのユネスコによる移設作業により上げられてきました。
内部も合わせて1036個のブロックに切り取られ、一つ一つ上に運んで元の姿に戻したんだそうです。。。
それだけの事をする価値のある遺産なので、やはり圧倒されます。

因みに正面の4体の像はすべてラムセス2世です。

そしてその横にあるのが、小神殿。先ほどのは大神殿です。
エジプト アスワン13
これは、最愛の王妃ネフェルタリに捧げられたもので、ネフェルタリは”最も美しい女性”という意味らしいです。
どんな人やったか気になりますよねー。
ワンピースのネフェルタリ・ビビもここから由来してます。

こちらは立像が6体ありますが、4体はラムセス2世で2体がネフェルタリです。
どんだけ自分の事好きなんでしょうねw

そして残念なのが、こちらも中では撮影禁止でした。
中の写真が欲しければガイドブックを買ってね、ということでしたw


ここも色んなレリーフがありますが、ちびまる子ちゃんの前田さんみたいなのを見かけました!w
Yahoo!画像より拝借しますw
エジプト アスワン14
たぶんわかると思うので、ぜひ探してみてください★ww

夜はライトアップもされていてとても綺麗です!
エジプト アスワン15

そして明け方、日の出を見てからアブ・シンベルを発ちました。
エジプト アスワン16

往復に時間が掛かってしまいますし、せっかくなのでここではのんびり一泊されることをオススメします★


ほかアスワンでは、ナイル川クルーズも楽しかったです!
またまた余談ですが、ドラクエ3のイシスも実在していてイシス神殿があります!w

次回は、エジプトの首都・カイロについてご紹介していきます。
ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

| 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。