img { max-width: 100%; height: auto; } どうやってイスラエルへ行くの? 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやってイスラエルへ行くの?


日本からイスラエルへの行き方は、大韓航空やトルコ航空、ほか中東諸国の航空会社を利用・経由します。いろいろ事情のある国ですので、ほかの国と比べても便は限られます。
僕は大韓航空(関空発ソウル経由)でしたが、乗継が45分くらいで一番効率が良いです。
また、今回はソウルでの乗継時間が短かったので、着陸10分前くらいからビジネスクラスに座れました♪w

大韓航空のCAさんは基本は英語と韓国語ですが、カタコトの日本語程度であれば話せるようです。(韓国~イスラエルは英語でした)
対応も非常に丁寧でしたし、機内食でビビンバが食べれたのが嬉しかった☆
丼状の容器に入ったサトウのごはんのようなものに、ナムルや野菜などを混ぜ混ぜして食べます。
現地の方や頻繁に韓国に行かれる方にはわかりませんが、僕にとっては十分美味しかったです^^
意外性というのもありますが、今まで食べてきた機内食の中では一番でした!
機内用の折り畳みスリッパがついていたのも良かった★
大韓航空はオススメです。

そして、いよいよイスラエルへ!!

テルアビブの空港は、とても規模が大きくて綺麗でした。
イスラエル空港1

こんなに大規模で綺麗な空港にする必要があるか?というくらい。
空港って乗り継ぎの人も含めるとたくさんの外国人が利用するため、少しでも印象を良くしたいのかな、と思いました。乗継する人は空港内しか移動しないですしね^^;
イスラエル空港2
とにかく無駄に広かった印象がとても強いです。上の写真で反対から坂を下っている人たちは、これから出国する人たちです。

そして入国審査。
ネットで事前に調べていると、どれだけきついんやろ…と思って覚悟していきましたが、特に別室に連れて行かれることも無く簡単に終了。
宿泊先とその後の行程や帰りの飛行機を予約しているのかどうかと、その証拠提示(予約票)を求められただけでした。
一番懸念していた、日本出国前に言われたイスラエルから帰る飛行機が無い点も、ヨルダンの搭乗券とヨルダンでのホテル予約票を見せたらOK。

ちょっと他の国より厳しく聞かれるな…くらいの印象でした。
スタンプは押されず、替わりにパスポートの顔写真を白黒でコピーされ、入国日などが印字されているカードをもらいました。「仕事はできません」と書かれていたので、どうやら「観光で来ました」という証明なのかもしれません。
このイスラエル入国、いろいろ質問を想定して気構えていたので正直かなり拍子抜けでしたが、まぁ無事に入国できて良かったです。

次回はイスラエルの首都テルアビブ滞在のお話です。
関連記事
スポンサーサイト

| 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。