img { max-width: 100%; height: auto; } 2016年03月 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海抜マイナス260メートルの町、エリコ


こんにちは!
今回は、ヨルダン国境付近にある世界一海抜の低い都市・エリコについてお伝えします。

海抜マイナス260メートルのところに位置し、近くにはヨルダンとの国境のアレンビー橋や死海があります。
昔は水に恵まれており、オアシスとして栄えていたらしいですが、正直今はかなり廃れています^^;

いくつか僕が訪れた場所についてご紹介していきます。

★テル・アッスルターン
ここでは1万年前の住居跡や、4000年前の城壁の跡を見れます。
遺跡をよく見ると層に分かれていました。
これは町が焼かれ滅ぼされ、その度に再建されたということを示しているそうです。
イスラエル エリコ1
イスラエル エリコ2

下の写真は、そこから見た街並みです。
なんとなく、昔はオアシスだったのかなー、、、というのは伺えますよね。
イスラエル エリコ3

ここの近くには、湧水を飲めるという水飲み場もありました。
イスラエル エリコ6
もちろんチャレンジしましたが、不味すぎて飲めませんでしたw
鉄分が多いんですかね…とにかく口に全く合わなかったです^^;


★悪魔に試みられた誘惑の山
すごい名前ですが、ここはイエスが40日間断食をし、悪魔に誘惑を受けるとされた場所です。
イスラエル エリコ4
たとえばどんな誘惑かと言いますと、修行(断食)中のイエスに悪魔は「神の子なら石をパンにして空腹を満たせば良い」と言いますが、イエスは「人はパンだけで生きるのではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」と旧約聖書の言葉を引用して、悪魔の誘惑を退けました。


★ザアカイの木
ごく普通の木ですが、観光地となった理由はイエスとザアカイの関係にあります。
イスラエル エリコ5
ザアカイという徴税人がいましたが、当時の徴税人は罪人と周りのユダヤ人から言われるくらい、非難されていました。
なぜかと言うと、彼らは当時のローマから税金を徴収するように委託された、いわば売国奴のようなものだったことと、多めにお金を徴収して私腹を肥やしていたためです。

ザアカイは友人もおらず寂しい生活を送っていたのですが、そんな時にイエスがエリコに来るという話を聞きつけます。
ザアカイも一目見たいと思うものの、背が低い彼は群衆に隠れて見ることができません。
そこでザアカイは上の写真の木に登って見るのですが、イエスは初見であるザアカイを名指しし、「下りてきなさい。今日はあなたの家に泊まることにしているから」と言って家へ行き、ザアカイは悔い改め、騙し取った人たちへお金を返しました。

このような話があるため、今でも観光地として残っています。


特に有名な観光地は無いのですが、僕が一番ここを訪れたかった理由は、「世界一海抜の低い町に行った!」と言えるようになるからですw
とはいえ首都とエルサレム以外の地方都市を見るとまた印象は違うので、時間に余裕のある方は行ってみてください★

イスラエル旅行はこれまでです!
次回は越境のお話から、ヨルダンへと進みます^^
ありがとうございました。
スポンサーサイト

読めますか?日本の知られざる名所、「御射鹿池」


こんにちは!
だいぶ更新をサボってしまい、すみません。。。^^;

自分が行った国についてはほとんど書いてきたため、日本についてもご紹介していきたいと思います★


まず日本編で最初にご紹介する場所は、御射鹿池(みしゃかいけ)という場所です。
読み方がまず難しいですよね。

聞いたことないという方もいらっしゃるかと思いますが、皆さん一度はこの湖を見ているはずです!
実はここ、吉永小百合さんが出演されたアクオスのCMで使われてた場所なんです★
日本中部御射鹿池2
長閑で神秘的で、凄く綺麗ですよね!!
僕が行ったのは10月末でした。

長野県茅野市の山間部にあるため、平野部と比べると紅葉のピークは早いです。10月半ばごろはもっと綺麗でしょうね^^


ではなぜ、こんな名前になったのかという由来についてご説明します。

まず御射鹿池の場所ですが、諏訪湖から直線距離で20キロほど真東に離れた、車で約45分ほどの場所にあります。(詳しい場所はこちら

その諏訪湖の北側には諏訪大社があるのですが、その諏訪大社が関係しているのです。

・この辺りは神野(こうや)と呼ばれ、鍬を入れることさえ許されなかった神の御狩場だった
・諏訪大社の御頭祭(おんとうさい)の時に神に捧げる牝鹿を射る神事があったこと

ということから、御射鹿池と名付けられました。

日本中部御射鹿池

なかなか行きにくいところにありますが、行く価値は大いにあります!
なおこの写真の後ろ側に道路が一本あるだけで、お店やお手洗いは全くありませんので、行かれる際はご注意ください。


こんな感じで、日本は王道なスポットではなく、個人的にオススメしたい場所について書いていきますので、また引き続きお読み頂けたら嬉しいです。

ありがとうございました。

| 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。