img { max-width: 100%; height: auto; } 2015年04月 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大陸への玄関口、ドーバー


こんにちは!

今回はヨーロッパ大陸との玄関口、ドーバーについてご紹介します★

ロンドンからは、チャリング・クロス駅から出ていて、だいたい2時間くらいかかります。

ここの観光スポットはドーバー城くらいで、高台にそびえ立っていてドーバーのシンボルです^^
イギリス ドーバー1
駅から20分ほど歩くと、海辺に出ます。
イギリス ドーバー2
ここから東に進むと、海から短い距離で断崖絶壁になっている岩肌が広がります。
写真の左上の窓は、お城の一部です。
イギリス ドーバー3
そして坂道を上って城へ向かいます★
イギリス ドーバー4
上ると、いきなり砲台がありました。
ちょっとスリムすぎる砲台で、迫力がありませんでした…w
イギリス ドーバー5
ここからの眺めは最高で、まずは行きに歩いてきた方の眺めです。
イギリス ドーバー6
そして港。
ここから車でフランスまで行く人もいるらしく、かなり賑わっていました!
海の向こうに薄っすらと見えるのがフランスです★
イギリス ドーバー7
本城はもう少し奥にあります。
イギリス ドーバー8
門をくぐる瞬間って、ワクワクしますよね^^
イギリス ドーバー9
そして本城からも綺麗な景色が見えます。
先ほどの景色や砲台の写真は、この下の写真にある建物の向こうで撮りました。
イギリス ドーバー10
このドーバー城、大陸から一番近いところにあったので、防御の最前線だったそうです。
崖が多いこの場所では、攻めてくるポイントが絞りやすかったんだとか。

中心地には博物館があり、昔の町の様子なども見れるのでぜひ行ってみてください。
こじんまりした町が好きな方、長く歩ける方にはオススメの町です!

ありがとうございました。
スポンサーサイト

イギリスの学問の都、ケンブリッジ


こんにちは!

今回は、有名な学問の都、ケンブリッジについてご紹介していきます★
イギリス ケンブリッジ1
ケンブリッジはロンドンより北にあり、キングズ・クロスから約1時間ほどで行けます。
キングズ・クロス駅にあるクロワッサン屋さんはオススメなのでぜひ!!
ほんまに美味しいです◎

駅から大学のある中心地へは、歩いて20分ほど掛かります。
しんどければ、バスをお使いください!

1番の名所、ケンブリッジ大学はもう壮大でした。
イギリス ケンブリッジ3
大学が観光地って凄いですよね。。。

大学とは思えない、どっかの庭園って言われても納得できるくらい上品でした。
イギリス ケンブリッジ2
次は、ケンブリッジ大卒の素晴らしい方々なんだろうなーという、たくさんの名前が刻まれたホールです。
イギリス ケンブリッジ4
下の橋はため息橋と言って、イタリアのベネチアにあるため息橋がモチーフになっているそうです。
これも大学内の橋で、「学業についていけない生徒は、ここでため息を漏らしている場所」といった噂もあるらしいですw
イギリス ケンブリッジ5
大学を出て北に行くと、個人的に最高な写真スポットがあります★
左手にある船乗り場が目印で、ため息橋の一つ北にある橋です。
イギリス ケンブリッジ7
長閑な雰囲気と色々な壁面が、めっちゃ綺麗に映えるのでぜひ\^0^/

あとはラウンド・チャーチと呼ばれる可愛らしい教会。
ほとんどの教会が十字形の形をしているので、かなり珍しいです。
ぽつんとありますが、特徴的な建物で分かりやすいと思います★
イギリス ケンブリッジ6

あとは聖メアリー教会の前の広場でマーケットをやっていたりするので、ぜひ行ってみてください!
動物学博物館も行きましたが、ここはほんとに専門家のための博物館というイメージで、その方面に詳しい方なら楽しめると思います!僕は何を展示しているのか、違いが分からずでした。。。w

ロンドンから頻発してますし、半日で回れるので、ぜひ日帰りで行ってみてください^^

ありがとうございました。

フランスだけじゃない!イギリスの豪華な庭園


こんにちは!

今回はロンドンから電車で30分ほどのところにある、ハンプトン・コート・パレスというところをご紹介していきます^^
ウォータールー駅から乗り、終点なので迷わずに着けます。

ロンドンよりもテムズ川の上流にあり、降りた瞬間に長閑な雰囲気が流れます。
ロンドン ハンプトンコートパレス2
下の写真の先が駅で、この後ろがすぐ宮殿です。
ロンドン ハンプトンコートパレス1
宮殿までの道は広くて見晴らしがいいです^^
ロンドン ハンプトンコートパレス3
宮殿の前にはスコットランドを現すユニコーン(右)と、ウェールズを現すドラゴン(左)の彫像があります。
ロンドン ハンプトンコートパレス4
ほかにもスコットランドを現すユニコーンやイングランドを現すライオンなど、4つの地域を現す彫刻などはたくさん見かけます。

下の写真は、クロック・コートと呼ばれるところで、入口から来た時に通った門にある時計が由来です。
その時計は、テムズ川の潮の干満までわかるらしいです!
後で調べたら、写真にある時計はは残念ながら違う時計でした…w
ややこしいのでお気を付けください^^;
ロンドン ハンプトンコートパレス5
こちらは宮殿内でいちばん広い、グレート・ホールと呼ばれる部屋です。
大食堂として使われていたそうです。
ロンドン ハンプトンコートパレス6
こちらは中庭ですが、ここも綺麗に整備されてましたー
ロンドン ハンプトンコートパレス7
宮殿の外には、広大な庭園が広がります!
下の写真のような囲いの中にたくさんの花が咲いている場所もありますし、
ロンドン ハンプトンコートパレス8
ずーっと向こうまで広がる庭園もあります。
ロンドン ハンプトンコートパレス9
でっかい可愛らしい形をした木が並び、のんびり過ごせます★
ロンドン ハンプトンコートパレス10

ここはあんまり有名なところではないようですが、行く価値はありました!
男性なら前回のウィンザー城、女性ならココかなぁ…と思います。
でも街並みも考えると、買い物もできるしウィンザーの方がオススメです★

ぜひご参考ください。
ありがとうございました。

| 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。