img { max-width: 100%; height: auto; } 2015年01月 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルクセンブルクってどんなところ?


こんにちは!

今回は、ベルギーから日帰りで訪れたルクセンブルクをご紹介します★
ベルギーからは、ルクセンブルク北駅から電車で3時間かかります。

ベルギービール片手に、のんびり長閑な田舎町を走るのは最高でした^^

そしてやっと着いた、ルクセンブルク駅。
ルクセンブルク1
小さい可愛らしい駅ですよね^^
駅の中は乗客で賑わっています。
ルクセンブルク2

そしてルクセンブルク駅周辺は新市街、ここから1キロほど歩いたところに旧市街があり、この旧市街は世界遺産になっています。

新市街は交通量も多く、かなり綺麗で整備されていました。
ルクセンブルク3

その新市街と旧市街の間にはペトリュス川が流れるペトリュス渓谷があります。
新市街と旧市街を結ぶ橋はアドルフ橋といい、1940年にナチスによって破壊されましたが、戦後再建されました。
ルクセンブルク4

下の写真は橋の上から撮ったもので、右が新市街、左が旧市街です。
ルクセンブルク5

この橋を渡らずに引き返し、渓谷に下ります★
ルクセンブルク6

渓谷に流れているペトリュス川沿いの住宅街の雰囲気は最高でした^^
ルクセンブルク7

ここから、上の写真で高台にある旧市街に向かいます。
しんどい方にはエレベーターもあります!

坂の途中から撮ると、こんな感じです。
ルクセンブルク8

ほんと、どこを撮っても絵になります♪

この先には城塞があって、中に入れます。
ルクセンブルク9

中は戦争当時のままになっていて、砲台も残っています。
ルクセンブルク10

歩いてきた反対側まで一望★
ルクセンブルク11


そして、旧市街へ入ります!
旧市街の内部も高低差があって、またそれが珍しい雰囲気になります。
ルクセンブルク12

旧市街と言っても、お店はほかの国と変わらずで、アパレルや電化製品など色々ありました^^
ルクセンブルク13


旧市街も綺麗で楽しめるのですが、ルクセンブルクの一番の魅力は、高低差による景観だと思います★
2泊3日ベルギー旅行の中1日で、せっかくやからと足を伸ばしてみたのですが、本当に来てよかった国です!

なかなか行くのは難しいですが、ぜひ行ってみてください★
この国はかなりオススメです。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

ベルギーの水の都、ブルージュへ行ってきました★


こんにちは!

前回からベルギーについてお伝えしていますが、今回はベルギー郊外のブルージュについてご紹介します^^
ベルギーへは2泊3日で、ブルージュへは最終日に半日観光をしました。

ブルージュはブリュッセルから南西方面の海側にあり、ブリュッセル中央駅か南駅から電車で1時間弱で着きます。
整備された水路が魅力的な港町で、ここはかなりオススメです!
ベルギー ブルージュ1
僕はブリュッセルよりも好きでした◎
また歴史地区として世界遺産にも登録されています。

下の写真はブルージュ駅です。
ベルギー ブルージュ2
駅から中心地までは1キロくらい離れていて、道中の街並みも楽しめます★
ベルギー ブルージュ3
鐘楼塔という大きな塔のある方角を目指して歩けば着くので、道に迷う心配もありませんw


★水路
ブルージュの一番の魅力です!
ベルギー ブルージュ5

少し背景をご説明しますと、ブルージュは海から10キロ以上も離れているのですが、12世紀に大津波に襲われてしまいました。
その時に残された大きな溝に運河を建設し、湾とブルージュ間、そして町中に水路を整備していき、交易に便利な港町をつくったんだそうです。

それからはイギリスや北欧、内陸を結ぶ交易拠点として繁栄した港町で、金融や貿易の一大拠点として栄えていきました。

15世紀以降は経済の中心地としての立場は衰退していきましたが、19世紀に運河が再生され、昔のままの町並みが今も残っています。

ベルギー ブルージュ7
そんな水路は中心地内の至る所で見かけるので、チョコレートを買って食べ歩きしたり、カフェで休みながら散歩するといいと思います♪
余談ですが、チョコはブリュッセルで買うよりこちらで買う方が断然安くてオススメです。
種類も豊富で美味しすぎますし、個人でやっているお店が多いので、お店の人と仲良くなれば少しオマケしてくれます◎

僕は時間が無くて利用しませんでしたが、遊覧船も下の写真の左下のように出ているので、ぜひ乗ってみてください!
ベルギー ブルージュ8
陸上では馬車にも乗れます◎
ベルギー ブルージュ6

★マルクト広場周辺
ブリュッセルにあるグランプラスの地方版といった感じですが、雰囲気はそのままで人の数が少なく、ゆったり過ごせます^^
またグランプラスほど高い建物に囲まれているわけではないので、晴れたら見晴らしも最高です★

因みにこのマルクト、ドイツ語の”マーケット”という意味らしいです。

下の写真は市庁舎。雰囲気ありますよね~。
ベルギー ブルージュ9
昼時には、タイミングよくマーチも行われていました★
ベルギー ブルージュ10

そしてブルージュのシンボル的な建物の、鐘楼塔。
ベルギー ブルージュ11

鐘楼塔ができた背景も水路と関係しているのですが、繁栄して裕福になった市民が、自分たちの成功の象徴として建てたんだそうです。

それだけも凄いことで、当時は教会が社会を支配していて、教会や王の権威・権力が強いところにこのような建物を市民が建てることはできなかったそうなのですが、ブルージュの市民は自分たちで建てることで自立を表したんだそうです。
これは、資本主義社会の最初の拠点だとも言われています。

高さ83メートル、366段もある螺旋階段をひたすら登ります。
この鐘楼塔から何分かごとに響くカリヨンの音色も綺麗ですが、頑張って最上階まで行くと絶景が広がります!
ベルギー ブルージュ12
ベルギー ブルージュ13
手前は赤茶の屋根、奥は緑の木々が敷き詰められた町並みが本当に綺麗で、かなり癒されました◎


最終日に行ったので帰りの時間を気にしないといけなかったのが残念でしたが、この町は本当に綺麗で素敵でした!
夜のマルクト広場や鐘楼塔、町並みも綺麗なんでしょうね。

なかなか行きにくい場所ではありますが、がっつりブリュッセルを観光するならこちらにも足を運んだ方が良いと思うので、ぜひ行ってみてください★

ありがとうございました。

ブリュッセルってどんなところ?


こんにちは!

今回は、ヨーロッパのベルギーについてご紹介していきます★

僕はロンドンから行って2泊3日だったのですが、初日は首都ブリュッセル、2日目は隣国のルクセンブルク、3泊目はベルギー郊外のブルージュへ行きました。
ベルギー ブリュッセル2

★アクセス
ブリュッセルはベルギーの中心にあり、南、中央、北と3つ駅があります。
それぞれの駅を発着点として地方へ走っていて、ユーロスターは南駅に着きます。
下の写真はブリュッセル中央駅です^^
ベルギー ブリュッセル1
中心地の移動には地下鉄やトラムがあるので、移動はそこまで不自由に感じませんでした。
トラムは景色を眺めながら気になったところで降りられるので、オススメです!

空港からも電車が走っていて、40分ほどで着くみたいです◎

南駅のすぐ近くには、EUの本部があるので、電車の待ち時間などに行ってみてください^^
ベルギー ブリュッセル18
EUの本部がベルギーにある理由は、ベルギー・ネーデルランド(オランダ)・ルクセンブルクの3ヶ国による「ベネルクス関税同盟」が、意味合いを変えながら周辺国を加えて大きくなっていったからです。
この3ヶ国の中心地がブリュッセルだったため、ベルギーに本部が建てられていました。


★グランプラス周辺
ブリュッセルで一番人通りの多いエリアで、中央駅から北西にあります。
連休なのもあって、かなり混んでいました。。。
ベルギー ブリュッセル3
この通りには、有名な小便小僧がいます。
ベルギー ブリュッセル4
彼の周りにもたくさん人が集まっていましたー。
由来は、爆弾を小便で消して街を救った少年の話から誕生したそうです。
ほんまかーって言いたくなるような話ですよね!w

そしてその通りを北に抜けると、メイン広場のグランプラスに出ます。
ベルギー ブリュッセル5
ただただ見惚れるくらい綺麗な広場でした!
ベルギー ブリュッセル6
夜はこんな感じで、また違う雰囲気になります◎
ベルギー ブリュッセル7
この広場にはゴディバ本店があるので、ぜひ行ってみてください★
意外と小ぢんまりとしていました。

そして、この広場にあるレストランに入ったのですが、男子トイレが凄いことになってました。。。w
ベルギー ブリュッセル8
もちろん子供も入れるお店なので、こんなん日本やったらありえないですよね^^;
でも、こういうユーモアが海外はおもしろい◎

広場を抜けてさらに北に行くと、細い道が並ぶ通りに出ますが、ここはレストランが多いです★
ベルギー ブリュッセル9
ムール貝を食べられるお店がズラリと並びます^^
大きい器にムール貝がどっさり。シンプルにこれだけ持って来られます!w
ベルギー ブリュッセル10

そして、ここにはさっきのトイレの絵に負けないくらいの像があります。

それは、、、小便少女ですww
ベルギー ブリュッセル11
パッと見では何かよく分かりませんでした^^;w

それともう一つ、必見なのがギャルリー・サンチュベールという世界最古のアーケード♪
ベルギー ブリュッセル17
ここは買い物をしなくても、歩いているだけで楽しめました◎


★王宮周辺
中央駅の東側には、また違った街並みが広がります!

まずは、今は迎賓館として使用されている王宮。
ベルギー ブリュッセル15
夏だけ中に入れるそうです!

ここから北西の中央駅に向かっていくと、左に王立博物館、右に楽器博物館があり、
ベルギー ブリュッセル14

真ん中の階段を下りると芸術の丘という庭園が広がります★
ベルギー ブリュッセル13

その花畑の向こうの右側が中央駅なのですが、そこから来たところを振り返ると銅像が立っています。
ベルギー ブリュッセル12
彼はアルベール1世という方で、第一次世界大戦の時に平和なベルギーをドイツの脅威から守った方です。


ベルギーは特に有名な観光地は無く、国内のパックツアーでも隣国のオランダやフランスをメインにした、日帰りや1泊観光をよく目にします。
それだけでも十分満足できるくらいの広さではありますが、ぜひ歩いてみてください★

ありがとうございました。

| 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。