img { max-width: 100%; height: auto; } 海外旅行・中東・イスラエル 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★イスラエルに関する記事まとめ


こんにちは。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。

スマホでも読みやすくするために、
過去の記事を再編集し、写真を大きく表示できるようにしました!

ぜひ読んでみてください^^

どうやってイスラエルへ行くの?

イスラエルの首都で遭遇!元軍人さん

想像できますか?イスラエルの首都テルアビブの街並み

歩くたびに新発見!エルサレム新市街

潜入!エルサレム旧市街の壁の中

希少体験!イエスが歩いた道を辿る

日本人にこそ絶対行ってほしい、嘆きの壁

最後の晩餐は、エルサレムが舞台だった!

エルサレムのナイトライフ★

エルサレムの聖なる山、オリーブ山

エルサレム旧市街の高台にあるものとは?

エルサレムにもやっぱりあった、ガッカリ名所

海抜マイナス260メートルの町、エリコ

よろしくお願いします★
スポンサーサイト

海抜マイナス260メートルの町、エリコ


こんにちは!
今回は、ヨルダン国境付近にある世界一海抜の低い都市・エリコについてお伝えします。

海抜マイナス260メートルのところに位置し、近くにはヨルダンとの国境のアレンビー橋や死海があります。
昔は水に恵まれており、オアシスとして栄えていたらしいですが、正直今はかなり廃れています^^;

いくつか僕が訪れた場所についてご紹介していきます。

★テル・アッスルターン
ここでは1万年前の住居跡や、4000年前の城壁の跡を見れます。
遺跡をよく見ると層に分かれていました。
これは町が焼かれ滅ぼされ、その度に再建されたということを示しているそうです。
イスラエル エリコ1
イスラエル エリコ2

下の写真は、そこから見た街並みです。
なんとなく、昔はオアシスだったのかなー、、、というのは伺えますよね。
イスラエル エリコ3

ここの近くには、湧水を飲めるという水飲み場もありました。
イスラエル エリコ6
もちろんチャレンジしましたが、不味すぎて飲めませんでしたw
鉄分が多いんですかね…とにかく口に全く合わなかったです^^;


★悪魔に試みられた誘惑の山
すごい名前ですが、ここはイエスが40日間断食をし、悪魔に誘惑を受けるとされた場所です。
イスラエル エリコ4
たとえばどんな誘惑かと言いますと、修行(断食)中のイエスに悪魔は「神の子なら石をパンにして空腹を満たせば良い」と言いますが、イエスは「人はパンだけで生きるのではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」と旧約聖書の言葉を引用して、悪魔の誘惑を退けました。


★ザアカイの木
ごく普通の木ですが、観光地となった理由はイエスとザアカイの関係にあります。
イスラエル エリコ5
ザアカイという徴税人がいましたが、当時の徴税人は罪人と周りのユダヤ人から言われるくらい、非難されていました。
なぜかと言うと、彼らは当時のローマから税金を徴収するように委託された、いわば売国奴のようなものだったことと、多めにお金を徴収して私腹を肥やしていたためです。

ザアカイは友人もおらず寂しい生活を送っていたのですが、そんな時にイエスがエリコに来るという話を聞きつけます。
ザアカイも一目見たいと思うものの、背が低い彼は群衆に隠れて見ることができません。
そこでザアカイは上の写真の木に登って見るのですが、イエスは初見であるザアカイを名指しし、「下りてきなさい。今日はあなたの家に泊まることにしているから」と言って家へ行き、ザアカイは悔い改め、騙し取った人たちへお金を返しました。

このような話があるため、今でも観光地として残っています。


特に有名な観光地は無いのですが、僕が一番ここを訪れたかった理由は、「世界一海抜の低い町に行った!」と言えるようになるからですw
とはいえ首都とエルサレム以外の地方都市を見るとまた印象は違うので、時間に余裕のある方は行ってみてください★

イスラエル旅行はこれまでです!
次回は越境のお話から、ヨルダンへと進みます^^
ありがとうございました。

エルサレムにもやっぱりあった、ガッカリ名所


こんにちは!
エルサレムでは色々なところに周ってご紹介してきましたが、すべて良かったわけではありません^^;

行った中でガッカリした観光地について、ご紹介していきます。

★ゼデキアの洞窟
そこまでガッカリというわけではないのですが、旧市街にある他の観光地が魅力すぎるので、相対的に…というところです。

旧市街のヘロデ門の近くにあり、城壁の下へ続いている洞窟です!
エルサレム名所1
神殿を建てるための石を切っていたそうで、当時の王様が戦いに敗れ、逃れるためにここからエリコに渡ったとも言われています。
エルサレム名所2
昔の大都市の下にこんな場所が眠っていたのかと考えさせられる洞窟でした★


★弾薬の丘
ガッカリ理由:名前ほどのインパクトは無く、ただ丘があるだけだったからです。
わざわざ路面電車に乗って行ったので、余計にでした^^;
エルサレム名所3
1967年に起こった、6日間戦争の激戦地らしいです。
当時のまま戦車が残っていいて物々しさは感じました。

アクセスは路面電車の駅を降りたらすぐなので、時間が余れば…くらいでいいと思います。


★イスラエル博物館
ガッカリ理由:不便な交通アクセスと、無駄に広い敷地内に意味の分からない展示物です。
まず、行くのが面倒なんです…旧市街や新市街から少し外れたところにあって、旧市街からはバスで乗り継がないと行けません。

入口は。割と近代的な感じです。
エルサレム名所4
そして中に入って進むと、カッコいい通路が見えてきます。
エルサレム名所5首都のテルアビブ空港と似たようなデザインでした。設計士が一緒なのか、流行りなのでしょうか。

そんな美術館内にも、良かったのは二つありました!
一番良かったのは死海写本館で、ヘブライ語聖典などの貴重な資料がたくさんありました。
外観はこんな潰れたたまねぎみたいなのです。
エルサレム名所6
それともう一つが、エルサレムの旧市街の街並みの模型です。
細かくて本当によくできてました!
エルサレム名所7

あとは、よくわからないオブジェが色々。
エルサレム名所8

もともと芸術に疎いのもあるかもしれませんが、移動を考えるとなお更オススメできないスポットです^^;


地球の歩き方などのガイドブックを参考にした行き先選びの参考にして頂ければと思いますが、
やはり読んで微妙そうだなと感じたところは微妙です!w

いくら紹介文に魅力を感じても、特に写真だけのところは要注意です…


以上、さらりとご紹介させていただきました!
ありがとうございました。

| 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。