img { max-width: 100%; height: auto; } 海外旅行・アジア・台湾 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾のヒーロー、鄭成功ってどんな人?


こんにちは!

今回は台湾南部の都市、台南についてご紹介していきます!
前回の高雄から電車で30分ほど北上したところです。

★赤嵌樓
ここは1653年にオランダ人により建てられた小さなお城で、昔は植民地行政の中心でした。
台湾はオランダ人によって統治されていたのですが、鄭成功という人が討ち払った場所です。
そんな鄭成功は台湾人にとって偉大なヒーローで、右下にある銅像は、鄭成功に降伏しているオランダ人です。
台湾 台中7

★孔子廟
鄭成功の息子である鄭経が1665年に建てたもので、台湾で初めての学校となった場所です。
日本で言う、大宰府みたいなところですかね^^

入口の門の上には「全臺首學」と書かれていますが、これは「台湾で第一の儒教の学校」という意味らしいです。
台湾 台中4

下の写真は、、、たしか孔子のお墓…です…w
すみません、記憶が曖昧です(*_*)
調べても、この石碑の紹介は見当たりませんでした。
台湾 台中5
正解をご存知の方、他のお読みいただいている方のためにも、お教えくださいm(__)m

そして奥にある大成殿には、孔子と16名の弟子が祭られています。
台湾 台中6

★延平郡王祠
鄭成功を讃え、没した1662年に彼を慕う人々によって建てられました。
敷地内には、公園が広がって地元の人もたくさんいました。
台湾 台中1
鄭成功が祀られた本堂は静かで、独特の雰囲気がありました。
シンプルで他の台湾の廟とはまた違います。
台湾 台中2
台湾 台中3

鄭成功の活動がこの台南を起点としていたからか、讃えている場所は本当に多かったです!
台南は観光するところが限られているので、泊まってじっくりというよりも、高雄と台北の間で立ち寄る、くらいでいいと思います。
それでも他とは違った雰囲気の建築物を見られますし、鄭成功がどれだけ偉大だったのかが伝わると思いますので、ぜひ行ってみてください★

ありがとうございました。
スポンサーサイト

水の上をジグザグに歩く意味


こんにちは!

今回は、台湾南部の都市、高雄についてご紹介していきます★

台北から高雄へ行くには、新幹線か飛行機を使用します。
日本からは直行便は無いので、台北で乗り換えてください。

人もたくさん住んでいて、かなり栄えていました!
夜はたくさんの現地の人も出歩いてます^^
台湾 高雄6

★澄清湖
高雄の東部にある湖です。
ちょっと冷めてしまいますが、人造湖らしいですw

それでも眺めは良くて、のんびりできそうなところでした^^
台湾 高雄1
下の写真は、上の写真でも少し見えていたジグザグになっている橋から。
台湾 高雄2
こんな形なのは、魔除けの意味があるそうです。


★蓮池潭
高雄の北部にあります。
湖に見えるのは二つの塔と、下で口を開けている龍と虎があります!
台湾 高雄3
これは龍の方が入口です。
台湾では、一番良い動物が龍で、一番悪い動物が虎だと言われてきているのだそうです。

階段を上って塔の上に行くと、綺麗な眺めが広がります★
そしてここでも、ジグザグの道でした。
実際に歩くと、けっこう面倒なんですよね。。。w
台湾 高雄5
湖の真ん中に建っているものは何かわかりませんが、綺麗でした!w
台湾 高雄4

★五甲龍成宮
ここは300年ほど昔から地元の人々にとって信仰の地となっていた道教寺院です。1983年に再建されました。
大きな門と大きな寺院。
台湾 高雄9
外観は細部まで拘っていました。
台湾 高雄10
でも、中もすごいんです!!
すっごく豪華な造りで、広々としています。
台湾 高雄11
そして、ドッシリと存在感のある賽銭箱。
台湾 高雄12
裏を見ると、金庫でしたw
台湾 高雄13

★寿山公園
ここは高雄の西南部である海側にある高台です。
高雄の景色を一望できるので、ぜひ行ってみてください★
右側には、台湾で最大のコンテナ港である高雄港があり、台湾で消費される石油の大部分がここから輸入されるそうです。
台湾 高雄7
そして、国民革命で戦死した方を弔っている場所でもあります。
当時の大砲もそのまま残っているので、ぜひ見てみてください。
台湾 高雄8

高雄は何日もいるところではないですが、台北とはまた違った街並みや観光地を楽しめます★
一泊くらいで行くぐらいがオススメです◎

ありがとうございました。

台湾東部・花蓮で大自然を満喫★


こんにちは!

今回は、台湾の東部にある花蓮についてご紹介していきます。

花蓮駅までは台北から電車で3時間ほど掛かります。
地方都市といった感じの駅で、たくさんの人と車が行き交ってました!
台湾 花蓮2
飛行機でも行けます。

僕がここで行ったのは、太魯閣(タロコ)峡谷という台湾の国立公園です。
ここは大理石の岩盤を侵食して形成された大渓谷で、なかなか見られない景色を楽しめます★

花蓮駅からは少し離れていて30分以上かかります。
峡谷内の移動も大変なので、ツアーのがいいかもしれません。

まず見えてくるのが、長春祠というところ。
ちょっと小さいですが、下の写真の中央下側にある建物です。
台湾 花蓮3
これは1958年に建てられたのですが、この工事中に亡くなった212名を弔うものだそうで、歩いて近くにも行けます。

そして、綺麗な峡谷が見えてきます。
このへんは石灰岩地質だそうで、だから白い岩肌が際立って見えます^^
台湾 花蓮4
岩の中に敷かれた道も進みますが、もちろん横には川が流れてます★
台湾 花蓮5
ここからさらに進むと、緑と白の景色に映える赤い橋が見えてきます。
台湾 花蓮6
これは慈母橋といい、由来には諸説あるものの、共通するのは母から子への愛情。
・息子が付近の川に流され亡くなった後、毎日母親が訪れて待ち侘びたから
・道路を建設中の息子に弁当を届けようとして、母親が川に流されて命を落としたから
・蒋介石の息子である蒋経国がここを訪れ母親を思い出したから
などです。

シンプルで綺麗な橋の白い部分は、大理石でできています。

このへんは開けているので、奥の山までの景色を楽しめます★
台湾 花蓮1

日本でいうと、徳島県の大歩危に似た場所でした。
綺麗な大自然を、ぜひぜひ堪能してみてください★

ありがとうございました。

| 自分ももっと世界を回りたい!!と思える旅ブログホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。